Tuesday 8 Junuary 2019

「絵本読み聞かせ」近藤麻智子  “Story Telling” with Machiko Kondo

病棟内に貼ってあるポスターを見て、楽しみにしている子がいると聞き、とても嬉しかったです。

冬、雪、毛糸など、季節を感じる絵本の読み語りを中心に。前半の45分間はプレイルームにて持参した絵本の中からリクエストに応えつつ読み語りしました。4歳から12歳の大きい子どもたちが参加してくれたので、毛糸と画用紙を使った「手袋」作りのワークショップも。
プレイルームでは年齢に幅がありましたが、ほかのお友達が選んだ本も楽しそうに聞いていました。毛糸の手袋作りは、親子で協力して取り組んでくれ、お母さんたちも夢中になっていました。

後半の病室と乳児室では、年齢に応じた絵本を選んでもらいながら絵本のベットサイドでの読み語り。小さいお子さんが多く、絵本を集中して聞く子、きょろきょろしながら聞く子と様々でした。

乳児室で7ヶ月の男の子に『あなたがだいすき』を読みました。保育士さんの膝の上で抱きしめられながら、絵本を見たり、わたしの顔を見たり。わたしたちの気持ちは感じてくれていると思えました。

(慶應義塾大学病院 ~Keio University Hosiptal~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ