Wednesday 3 April 2019

「お話の世界で遊ぼう!」近藤麻智子  “Story Telling&Craft” with Machiko Kondo

外科と内科、プレイルームと病室をまわりながら、絵本の読み語りをした後に、ちょうちょうの工作をしました。

絵本はジャンル、対象年齢は様々、春らしい作品を中心に20冊以上。その場でひとりひとりにリクエストを聞いて読むと、みんな主体的に参加することができて、とても喜んでくれました。

今回初めて病室でも簡単に挑戦できるような工作に。シンプルなちょうちょ作りなので、ベッドサイドでも読み聞かせとちょうちょ作りができてよかったです。

ちょうちょう作りのあとは、くるくる回したり、飛ばしたり・・・ちょうちょうで遊びながら、子ども同士や親子の会話が弾んでいました。
ピアノを弾ける女の子が「ちょうちょう」の曲を弾いてくれて盛り上がりました。

(東京大学医学部附属病院  ~The University of Tokyo Hospital~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Wensdayd 3 April 2019

「キッズボサノバ」Izatake(5西病棟) “Kid’s Bossa Nova”with Izatake

初めての神奈川での活動でした。ボサノバ・サンバも歌いつつ、日本語オリジナルも。絵本「はらぺこあおむし」を完全即興のギターと歌で、歌い読みしました。アドリブで語りも入れつつ、盛り上がりました。二度と再現できない演奏だから面白いのです。
インドのスチールタングドラムも大人気。みんなで叩いてくれました。普段みたことのない楽器も色々とあったので、興味津々。最後に「では、今日の感想をみんなで言おう」と仕切りはじめる子もいました。

病室では音楽がはじまると、脈拍が10も落ち着いたと、ご家族が喜んでくれて。最後は皆の大好きな「となりのトトロ」を歌いました。

帰り際、「また来てね!」と子どもたちが言ってくれたのが嬉しかったです。

世界の珍しい楽器に触ったり、参加したり、歌とギターの楽しい活動でした。ボサノバやサンバは「病院で聴けるなんて!」と子どもたちはもちろん、ご家族の方にも好評でした。

(神奈川県立こども医療センター ~Kanagawa Children’s Medical Center~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Monday 1 April 2019

「眞理さんの何でもリクエスト」眞理さん(小児病棟・附属乳児院)  “Piano & Vocal Recital and Request” with Mari-san

小児病棟では病室とプレイルームで演奏しました。
最初に伺った広めの病室では、お昼寝のお子さんが多いとのことで、小さめの声で歌ったり、ピアノをメインに弾いたりしました。ショパンの「ノクターン作品9-2」を最後まで弾くと、保育士さんが「こんな風にお昼寝タイムに聴けるだなんて…良いなあ〜!」とおっしゃって下さいました。

プレイルームでは、途中から来た女のコに「リクエストあるかな?」と聞くと遠慮していたので、曲当てクイズを入れると、そのあと ドラえもんの「ひまわりの約束」をリクエストしてくれました。とても好きな曲のようでよかったです。

乳児院では、今回はピアノを隅に配置し、始める前に「前に出てきて良いのですけど、ピアノは大事大事〜!なので、このあたりくらい(指差し)までにしましょうね〜!」とお願いのアナウンスをいれました。中盤に「はらぺこあおむし」を入れるとよく集中していました。

皆さんの表情が柔らかくなり、輝いていく様子が印象的でした。

(日赤医療センター小児病棟・附属乳児院  ~Japanese Red Cross Medical Center~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Thrusday 28 March 2019

「塗り絵ワークショップ」真鍋麻里  “Coloring Workshop” with Manabe Mari

ツムツムのプリンセスの絵を沢山リクエストしてもらいました。女子ばかりの楽しい時間でした。

楽しく、子どもたちはもちろん、保護者の方も夢中になってあっという間の時間でした。見本の色に忠実に色を真似て塗る子と、自由に自分の思いのまま色を塗る子と、本当に個性が出ていました。
真剣な眼差し、出来上がった笑顔が印象的でした。

(慶應義塾大学病院 ~Keio University Hosiptal~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Tuesday 28 March 2019

「いっとくさんの音楽紙芝居」山中一徳  “Picture Story Show”with Ittoku Yamanaka

カセットテープを使って音楽や効果音を流し歌う音楽紙芝居。
演じた音楽紙芝居は「つんつんや」「はらぺこあおむし」「なにをしているの?」「ごろん」「みぃちゃんの春」の5冊。はじめと終わりは、いつもの「紙芝居のうた」を皆と一緒に歌いました。

プレイルーム左奥に、男の子とお母さんがいらっしゃいました。男の子は、病気のためか表情はあまり変えられないようでしたが、ずっと観て聞いていてくれました。お母さんは笑顔で寄り添っていました。

初めてのお子さん4人といつも親子で参加してくれる方、みなさん楽しく観てくれました。

(日本大学医学部附属板橋病院 ~Nihon University Itabashi Hospital~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Wednesday 27 March 2019

「歌のおにいさんおねえさんがやってきた!」ゆうこお姉さん&しょうたお兄さん “Sing Together!” with Yuko & Shota

初めての成育医療センターでの活動でした。2箇所の病棟のプレイルームで行いました。2箇所とも小学生が多く、童謡・合唱曲・ディズニー曲を多めに、「勇気100%」から始めるなど、状況をみながら選曲しました。年齢の高い子も足をとめて歌を聴いてくれていたので嬉しかったです。

最初は恥ずかしがっていたけれど、段々と手拍子や知っている歌への反応があり、楽しんでくれている様子がうかがえました。小さいお子さんから、付き添いのお祖母様まで、心を掴む歌声が病棟へ響き渡っていました。目の前で聴くのがちょっと照れくさい年齢のお子さんは、お部屋廊下の遠くの方から聴いてくれていました。
ナースステーションのスタッフさんも笑顔になってくださって、歌っていいな~としみじみと感じる時間となりました。

(国立成育医療研究センター ~National Center for Child Health and Development~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Monday 25 March 2019

「からくりペーパークラフト」天羽ひさ子 “Craft Workshop” with Hisako Amou

六角パズルとかわり絵パズルを中心に作ってもらいました。今回は小学生のお子さんが多く、病室でもプレイルームでも一対一でゆったり取り組めました。それぞれ年齢に合ったものを作ってもらい、あとで遊べる材料もお渡しできました。

もうすぐ2年生の男の子は六角返しが気に入ってくれたので、オリジナルを作る白いものをあげたのですが、早速、大好きなカブトムシの成長のものをつくる!と、昆虫図鑑と一緒に病室に持っていってくれました。どんな六角返しができるか楽しみです。

【アシスタントより】
子どもたちが天羽さんと一緒に黙々と作業に没頭している表情が大変印象的でした。短い時間でも、黙々と目の前の事に没頭するのは、すごく大切なような気がしました。
自分でも手をかけて作ったからか、仕上がった時の満足そうな顔や、何ができるのだろうとワクワクする気持ち、仕掛けにうわぁ!と喜ぶ顔も、今回は作業の工程に合わせて子どもたちの表情までもが変化していく様子が伺えました。

(日赤医療センター小児病棟 ~Japanese Red Cross Medical Center~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Friday 22 March 2019

「読み聞かせ」平沢ゆかり(肢体不自由児施設保育ルーム) “Story Telling” with Yukari Hirasawa

紙芝居を中心に、春をテーマにした読み物と紙芝居に登場するキャラクターの工作(鳴き声が出る)で、紙芝居の鳴くシーンでは一緒に工作を使って参加してもらいました。大きな絵本、紙芝居も子どもたちと掛け合いながらお話が進み、楽しんでいただけました。

音に敏感なお子さんがいたら、鳴く工作は嫌がるかも・・・と不安もありましたが、自分が紐を引っ張ると鳴き声が出るということに興味をもって喜んでくれている様子がみれて、嬉しかったです。

肢体の活動の後の兄弟預かりコーナーでも子どもたちとボランティア、7~8名に大きな絵本と手遊び歌を歌って、小さな子どもたちにピッタリの活動になりました。

(神奈川県立こども医療センター ~Kanagawa Children’s Medical Center~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Wednesday 20 March 2019

「パステルアート」佐山雅美  “Pastel Art” with Masami Sayama

ベッドサイドの活動は木の幹に色々なシールを貼って楽しんでもらいました。術後元気がない子がいるのでとベッドサイドで制作しました。最初は元気がなかったのですが、出来上がり手作りの色紙のフレームに作品を入れて渡した途端、出来た作品を見て笑顔がこぼれました。嬉しかったです。

プレイルームでは親子で楽しんでいただけ、色紙で作った蝶を工夫して立体的に貼る子がいたり、4歳の男の子が風船のシールを貼るのに沢山クマのシールを貼っていたので「クマさんに風船持たせようか」と私が提案したら、木に風船を貼り「風船が木にひっかかっちゃたの」と…子どもの発想力の凄さに脱帽でした。

子どもたちもお母さんたちも夢中になり楽しんでいただけ、今回も個性が光る素晴らしい作品となりました。

(東京大学医学部附属病院  ~The University of Tokyo Hospital~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Monday 18 March 2019

「キッズボサノバ」Izaura “Kid’s Bossa Nova” with Izaura

今日は一人での活動でした。ベッドの部屋をまわり、最後にプレイルームで演奏をしました。

今回初めてスチールタングドラムを使い即興演奏。その優しい癒しの音は喜んで貰えました。次に、絵本の歌い聴かせ。絵本「あめふりくまのこ」を歌い、「はらぺこ青むし」では、その場で半分位メロディーを即興で歌ってみました。最後にボサノバやサンバ、オリジナル曲。音楽や言葉の光が、 皆の心に届くようイメージしながら歌いました。
ベッドで聴いた子がまたプレイルームにも来てくれたので嬉しかったです。今回も持参した小物楽器を、子どもたちに音を鳴らして貰ったり、病院にあるパーカッションも活躍しました。

(日赤医療センター小児病棟 ~Japanese Red Cross Medical Center~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ