Wednsday 20 March 2019

「毛糸で何ができるかな」長久保さとこ(5西病棟) “Knitting Art” with Satoko Nagakubo

カラフルな毛糸の絵本「まる」を読んだ後、丸いものやドーナツ型を使ってキーホルダーやポンポンアクセサリーを作りました。好きな毛糸を選び好きなように巻き付け、ポンポンを大小選んで 好みの配置で付けたり、毛糸をくしゃくしゃと丸めて付けてみたり…。何でも芸術品です。

前もって作られた土台に好きな毛糸やポンポンを思い思いにボンドで付けてあっという間に可愛いお飾りが出来るので子どもたちも次から次へと沢山作品を作って大満足でした。ママへのプレゼントを作る子も。

子どもたちに「なんでも好きなようにやってみて!見本はあくまで見本だから。間違いは何もないんだよ」と言うと、驚くような発想がたくさん飛び出し、いくつか私にもプレゼントしてくれました。とてもうれしかったです。

(神奈川県立こども医療センター ~Kanagawa Children’s Medical Center~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Thuesday 12 March 2019

「パステルアート」佐山雅美  “Pastel Art” with Masami Sayama

皆さんパステル初体験の方々でした。
小さなお子さんは木に何箇所かパステルを指でくるくる色を塗ってもらい、あとはシールなどのデコレーションに夢中になっていました。
小学校中学年以上の子たちはパステルで桜の木を描き、大地や空まで描いてくれ、桜の花をステンシル(型紙)を使って描いたり、色を重ねてグラデーションするなど、とても凝った作品ができました。

それぞれが個性的で素敵な桜をモチーフにした作品になり、イーゼルに飾ったお友達の作品を見て「きれいだね」「わーすごい」と盛り上がりました。外に出られないお子さんたちに春を感じてもらえそうです。
お母さんたちも嬉しそうに見守っていました。病棟のスタッフの方からも「楽しそうだね」と声をかけてもらいました。

(慶應義塾大学病院 ~Keio University Hosiptal~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Monday 11 March 2019

「ジャグリング&パントマイム」クラウンぴのこ “Juggling & Pantomime” with Clown Pinoko

プレイルームでのクラウンショーと病室でのパフォーマンス。一人ずつバルーンのプレゼントをしました。たくさんの病室をまわりましたが、一人ひとりにパフォーマンスすることができてよかったです。
今回会えなかった子どもたちにもバルーンのプレゼントを保育士さんから渡してもらうことができました。

活動後に保育士さんより、ベッドに寝ている状態でもバルーンを自ら手を伸ばして貰うということができた子が2人いて、今までにない成長をそんな瞬間に見ることができ、お母様にも伝えると喜んでいらっしゃいました。
パフォーマンスを届ける中に子どもたちの成長が見え、子どもの笑顔だけでなく、闘病を支える関係者やご家族までにも喜びを届ける活動ができました。

(日赤医療センター小児病棟 ~Japanese Red Cross Medical Center~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Friday 8 March 2019

「歌のおにいさんおねえさんがやってきた!」ゆうこお姉さん&しょうたお兄さん(4西病棟) “Sing Together!” with Yuko & Shota

童謡・ディズニーを中心に歌いました。プレイルームはあまり大きな声で歌ったりできない中、お友達がマラカスをみんなで振ってくれて一緒に盛り上がることができました。また、歌を楽しみにしてくれていた女の子のアンコールにも応え、楽しい時間を過ごしました。

ベッドの女の子は一度プレイルームでの歌が終わった後、タッチも出来る様にベッドをプレイルームに移し、好きなバナナの歌など一緒に歌えて嬉しそうでした。優しい丁寧な活動ができたと思います。

(神奈川県立こども医療センター ~Kanagawa Children’s Medical Center~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Wendsday 6 March 2019

「音楽と読み聞かせ」高橋紀子(5西病棟) “Rythmique” with Norio Takahashi

歌と歌絵本を使って、プレイルームでは用意された曲から子どもたちに選んでもらいました。
小学校4年生の男の子がピアノの横で一緒に歌い始めたのがきっかけで恥ずかしそうだった中学生の女の子も加わり、とても楽しい活動ができました。
病室では大好きなアニメの曲をビックリする程元気に3人の男の子が、別の部屋では2人の女の子がトトロなど一緒に歌いました。みんな本当に歌が上手で大好きだと改めて感じました。

たくさんのお子さん、ご家族が一緒に歌って下さりとっても嬉しかったです。リクエスト曲で「ひまわりの約束」と「残酷な天使のテーゼ」を一緒に歌いました。
寝たきりで身体も動かしづらい17歳の男の子も歌って話しかけに行った時にとっても笑顔で喜んで下さり、本当に嬉しかったです。

(神奈川県立こども医療センター ~Kanagawa Children’s Medical Center~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Tuesday 5 March 2019

「サックス&パーカッション」ヒデキ&ヨッシー “Let’s Enjoy Sax & Drums” with Hideki & Yoshi

サックスとパーカッションによるジャズ、アニメソング、J-POPS の演奏と子どもたちと一緒にセッションをしました。
ただ鑑賞するだけではなく、マラカスやカスタネット タンバリンなど、 パーカッションを各々手にリズム合奏を楽しんでいる様子でした。最初は抱っこで聴いていたのですが、床に寝たら聞こえやすいように自分でどんどん楽器に近づいていました。

「視力の弱い子たちのために楽器を触って振動を感じさせてほしい」と事前に希望があり、カホーンやウォッシュボードは音が子どもたちでも出しやすく、振動も感じやすいのでたくさん触ってもらいました。

保護者の方、教員の方にはジャズスタンダード等をリラックスして聴いていただけたようです。

(なかのドリーム ~Nakano Dream~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Monday 4 March 2019

「リトミック」Oto no小町(小児病棟・附属乳児院)“Rythmique” with Oto no Komachi

小児病棟では、まず幾つかの病室へ。7段飾りのお雛様が飾られていたので「雛祭り」と「どこかで春が」「春が来た」を歌いました。次に、「わたしのワンピース」の絵本を、子どもたちに絵を見せながら、絵本ピアノ語りを。お母さんに最後に「素敵なお話しですね」と言っていただき嬉しかったです。

その後のプレイルームでは子どもたちの好きな動物を主役に元々の歌詞にはいないきつねやくまやねずみなどを創作歌詞で「山の音楽家」を歌いました。2回手拍子の後に、言われた体の部分を触るという手遊びでは、クイーンの「We will rock you!」を歌ってみました。子どもたちは「つぎ、おしり!」とか「つぎは、あたま!」とか言いながら楽しんでくれたようです。最後に「You are my sunshine」を皆で一緒に。

乳児院では、歌や絵本のほかにピアノが鳴っている間は歩いて、音が止まったらピタッと止まる遊びを。また、細かい網状のカラフルな布を3枚重ねて虹を作って、その下をくぐってもらう遊びもしました。ピンクと黄色とブルーの布は明るく綺麗な色の布が頭の上をふんわり通る感覚を子どもたちは楽しんでいました。

(日赤医療センター小児病棟・附属乳児院  ~Japanese Red Cross Medical Center~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Monday 4 March 2019

「音楽会」ベルスオーノ  “Classic Concert” with Belsuono

プレイルームでミニコンサート。トトロ、ドラえもん、アンパンマンなど明るく元気な曲、一緒に歌える曲を中心に演奏させていただきました。
トトロを弾き語りしていた小さな男の子がいたので、フルートでトトロのほか「愛の挨拶」も演奏。子どもの好きな曲やリクエストに対応してあげることが出来ました。

鈴や鳴子などの楽器でみんなで一緒に合奏も。ピアノに合わせて楽しそうに楽器を鳴らしていて、楽器があることで子どもたちとの一体感が生まれ、嬉しかったです。

(千葉県こども病院 ~Chiba Children’s Hospital~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Thursday 28 February 2019

「マジック&パントマイム」マサトモジャ  “Magic&Pantomime” with Masatomoja

プレイルームにてマジックショーをしたあと、病室を回ってミニマジックショー。
みんな興味を持って、あれこれツッコミながら夢中で見てくれて嬉しかったです。シールをあげると喜んでくれました。
子どもたちのとても真剣な表情、本当に楽しそうにしている笑顔が印象的でした。

(慶應義塾大学病院 ~Keio University Hosiptal~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ

Wednesday 27 Fubruary 2019

「クラウン ジャグリング&パントマイム」クラウンぴのこ  “Clown Juggling Pantomime” with Pinoko

プレイルームでのクラウンショーと病室でのパフォーマンス。
クラウンを見て、うわぁと目を輝かせるお子さん、クラウンと目が合って、おいで!のジェスチャーに逃げ出してしまうお子さん、ちょっぴり怖くて泣きべその小さなお子さんなど色々な表情が見られましたが、どのお子さんも普段見られない光景に夢中になっていた様子で、付添いのお母様方にも楽しんでいただけた様子が伺えました。

感染症流行期で制限がありながらも、自分ができる中で構成して実施することができてよかったです。

(国立成育医療研究センター ~National Center for Child Health and Development~)

⇒ スマイリングホスピタルジャパン公式ホームページ