2015年11月20日 北海道大学病院 小児科

この日の活動は、音楽アーティスト「のりぺん」さんのミュージックシアター!!!

 

「桃太郎さん」の物語に、集まったお友達みんなで音楽を付けていきます。

のりぺんさんに誘われて、みんなで歌ったり、楽器を鳴らしたり、どの音を鳴らそうか迷ったり、、、、

鬼退治に行く桃太郎さんを、みんなの音で一生懸命はげましました。

楽しくって、踊っちゃったり、怖くて、なきべそかいちゃったり~!

沢山のお友達がみんな一体となって、最後まで真剣に応援しました!!! 

みんなにも、きびだんご、あたっていたのかな?

ママもパパも大活躍でした!

 1-12305522_697388937062206_1302912677_n.jpg

お次はお歌

「はたらくくるま」たくさんの車が登場!

みんな、どれだけ知ってるかな?数えてみてね!

大きい声で呼んでみよ~~~ セーノー ♪しょうぼうしゃ~♪タンクローリー♪♪♪

 1-12285779_697388963728870_1831227636_n.jpg

そして最後は「クレヨン」のお歌

のりぺんさんのお話のお歌に聞きほれて、みんな、ユックリ、うっとり、リラ~っクス!

 

笑顔いっぱいのプレイルームとなったのでした~~~

2015年10月16日 北海道大学病院 小児科

この日の活動はおんがく・ こうさく 工作アーティスト「あっちゃん」の
つくって遊ぼう︕ みて 楽しもう︕

1-IMG_3455.JPG

みんなでくるくるレインボーの製作・・・

キラキラ光るほそーいテープを順番に張り付けて…
まあるい形を作ります。
親子で一緒にみんなで製作。

IMG_1845.jpg

できた!!さあ、くるくる回すと・・・形がいろんな形に変身!!
シャボン玉みたいなきれいな形になったり、お花の形ができたり・・・・

敵なくるくるレインボーの出来上がりとなりました。

1-IMG_3508.JPG

そしてふわスカーフを使った遊びでプレイルームの中はカラフルになりました!

1-IMG_3454.JPG
 

2015年9月18日 北海道大学病院 小児科

この日の活動は工作アーティスト「みっちゃん」による「ちぎり絵製作」です。

紙を小さくちぎって・・・・・お魚さんを作っていきます。
ちぎった色とりどりの紙をぺたぺた・・・・自分だけのお魚さん、できたーーー!!

ちぎりえ.jpg

それからビー玉を使って作る「ころころ」の製作。
不思議な動きをするコロコロが♪ぴょこんぴょこんと坂を下りていきます。
みんなでコロコロ競争~!
高い得点は誰かな???
障害物に邪魔されて止まってしまったり…動かなかったりで大笑いのコロコロ競争でした。

 mayudama1.jpg

ころころ.jpg

ベッドサイドでは紐で動くロープーウェイで動物さんとこんにちは!
あっちに行ったりこっちに行ったり・・・一緒に動かして楽しみました。

2015年8月21日 北海道大学病院 小児科

この日の活動は音楽アーティスト「松本ゆかり」さんのリズムであそぼう。
いろいろな音のなるリズム楽器がたくさん!!

楽器はどれをえらぼうかなあ~と、迷ったりしながら音を楽しみます。
歌を歌ったり音楽に合わせて表現したりしました。
リクエストも受け付けて好きな曲にもリズムで参加です!!

1-IMG_3205[1].JPG

ベッドサイドでは「どんないろがすき?」「アイアイ」をうたいながら
一緒にリズム楽器の音も響きました。

写真3.jpg

 

2015年7月17日 北海道大学病院 小児科

この日の活動は音楽アーティスト「のりぺん」さんのミュージックシアター。

プレイルームに集まってくれたお友達と一緒にお話を聞きながら音楽を付けていきます。
みんなも音楽隊の一員となって一緒に参加しながら物語を進めていきました。
もちろんお父さんも、お母さんも一緒に参加です!!

1-1-11759582_929773637082830_1997151064_n.jpg

1-11741764_928692753859244_2092753565_n (1).jpg

ベッドサイドではインディアンフルートやミニハープ、そしてドラミングの音が響きました。

2015年7月15日 北海道立子ども総合医療・療育センター「コドモックル」

~ドラムサークル~

北海道での活動が始まりました!
1回目の活動は北海道立子ども総合医療・療育センター「コドモックル」での活動です。

1-1-IMG_2799[1]-003.JPG

この日は松本ゆかり&米澤倫子ア-ティストによるドラムサークルが行われました。
いろいろな種類の楽器を実際に演奏してもらいながらみんなで一緒にリズムアンサンブルです!!

1-IMG_2800[1].JPG

病室に戻るときにもちょっと寄り道・・・楽器のところによっていろいろな音を楽しんでくれていました。